研修会開催のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師に 住沢佳子先生 をお招きし、専門研修会を開催します。

テーマは「カウンセリングにおける自己対面ツールとしての人型シールPSS」です

研修会の概要:カウンセリングにおいてクライエントが子ども時代や現在の自分と向き合い、自己理解を深めることで様々な身体的、精神的症状が緩和されることがあります。PSSはカウンセリングの面接の中で子どもから大人まで抵抗なく導入でき、「いま、ここで」の体験に目を向け、過去。現在、未来の自己対面を促進するためのカウンセリングツールです。出来上がった作品をもとにクライエントとカウンセラーが話し合うことで、より深い経験理解へと繋がります。当日は実際にPSSを体験していただく予定です。

住沢佳子先生のプロフィール:ドイツ留学中に日本人学校で教鞭をとったことでカウンセリングに目覚め、学生相談でクライエントと接する中、「人型シールPSS」を発案。福島脩美先生(東京学芸大学・目白大学名誉教授)に指導を受け「カウンセリングにおける対人関係表現 人型シールの開発と応用」にて学位取得。立正大学カウンセラー。心理学博士。

参加費は、会員の方は無料です。また、非会員の方は5,000円となっております。当日受付時にお支払いください。

日程は、9月13日(土)17時~18時半の90分、14日(日)9時~15時半の5時間となっております。

場所は、当センター2階ホールで行います。

参加には事前申込みが必要です。 締め切りは9月12日(金)です。

会場の都合で定員(30名)になり次第、締め切らせていただきます。

参加ご希望の方は

長野県臨床心理カウンセリング研修センター事務局 ☎0263-50-5682まで

お気軽にお電話ください。

参加申込書をFAXまたは郵送させていただきます。

ご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>